歯が黄ばんでしまうその理由とか?原因と改善方法を詳しく解説

MENU

歯が黄ばんでしまうその理由とか?原因と改善方法を詳しく解説

白い歯に憧れる

  • 一生懸命歯を磨いても黄ばみが取れない
  • 人前で口を開けることに抵抗がある
  • 写真を撮るときに、どうしても口を閉じてしまう

 

歯を白くするためには、歯医者さんでホワイトニングをしたり、歯の黄ばみを落とすことに特化した歯磨き粉で口腔ケアを行うことが一般的な対策と言われています。でも、そもそも歯が黄ばむ原因を知っていますか?歯が黄ばむ原因って何!?対策や実際病院などで行う治療方法など詳しくまとめました
プレミアム6

歯が黄ばむ原因とは?

歯が黄ばむ原因は何だろう?と考えたときに思い浮かぶことは

 

  • コーヒーなどが着色した
  • 歯磨きが上手にできていない

 

という点が浮かびます。でも、着色している飲み物を控えてみたり、いつもよりブラッシング時間を長くしても黄ばみはなかなか防ぐことができないのが現実です。歯が黄ばむ原因は大きくわけて6つあります。

 

歯が黄ばむ6つの原因>

その@ 歯の表面に汚れがつく

毎日一生懸命磨いても、汚れはなかなか落ちません。歯の表面のエナメル質に汚れがついたままだと、歯はどんどん黄ばんでいきます。黄ばむだけでなく口臭トラブルにも繋がってしまうことも!汚れが付いたままの状態だと、虫歯にも繋がります。

 

そのA 食生活による歯の黄ばみ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • お茶
  • ワイン

 

これらは共通して色が濃い飲み物ですが、それ以外にも共通していることがあります。それはポリフェノールを含むということです。ポリフェノールを摂取するのは美容・健康に良いともいわれますが、着色しやすいことが特徴です。カレーなどの香辛料やソースなど味の濃い料理も着色しやすいです。

 

そのB 歯石がついている

毎日のブラッシングを丁寧にやっても、なかなか落ちない汚れ。この汚れはそのまま歯石へと変化していすます。歯石の初期段階は白〜黄色の状態ですが、色素が定着してくると徐々に黒く変化していきます。歯石はそのまま放置しておくと口臭にも繋がり非常に不潔な状態になります。また、歯石まで汚れが悪化した場合、セルフケアをできず歯医者さんでのケアが必要になります。
プレミアム6

そのC タバコ

タバコを良く吸う人は、歯が黄ばみやすいといいますがこれはニコチンが原因です。ニコチンには、コーヒーやポリフェノールが多く含まれる飲み物以上に色素が強い特徴を持ちます。歯に染みつきやすいのに取りにくいので、歯医者さんの治療でも薬品を強くする必要があります。タバコは体だけでなく、歯にも悪いのです。

 

そのD 歯磨きのしすぎ
  • 汚れを落とそうと思って長い時間歯磨きをしている
  • 気づいたら10分以上テレビを見ながらブラッシングしている

 

汚れを落としてキレイにするはずの歯磨きですが、実は歯を磨きすぎることで逆に黄ばんでしまうことがあります。研磨剤が配合されている歯磨き粉は、エナメル質をどんどん削っていきます。歯を守るはずのエナメル質がなくなることで黄ばんでいくことに!さらに、ゴシゴシと強くブラッシングをすることで、歯が傷つきます。傷ついた歯に汚れが余計につきやすくなることで黄ばんでしまうのです。

 

そのE 加齢による黄ばみ

歯は歳をとると、どんどん黄色くなってきます。エナメル質が歯磨きや歯ぎしりで時間と共に薄くなっていくので、象牙質の黄色がすけてくることが原因です。これは生活習慣を改善した所で歳を取っていくことは防ぎようがないので、ホワイトニングをするしか対策がありません。

 

歯の黄ばみを防ぐにはどうしたらいいの?改善策は?

歯は磨かなくても黄ばむし、歯を磨きすぎても黄ばんでいく。どうしたら黄ばんだ歯を白くできるのでしょうか?

 

  • 病院でできる治療
  • 自宅でできる治療
  • 普段の生活でできる予防

 

の3つ項目に分けてまとめました。

 

歯の黄ばみを改善する方法〜病院でできる治療〜

ホワイトニング

一般的に有名なのが、歯のホワイトニングです。加齢によって黄ばんでしまった歯を白くするのに有効な手段です。ホワイトニングは、2種類の方法があります。

 

オフィスホワイトニング

歯医者さんに通って行う通院タイプのホワイトニングの方法です。歯の表面に薬剤を塗って光を当てることで歯を白くします。中には光を当てないタイプの薬剤もあります。値段設定はクリニックによって様々ですが、歯の本数で設定されているところもあれば、上の歯・下の歯などブロックによって金額設定されていることもあります。短期間で白くすることができるのも魅力的です。

 

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングです。歯医者さんで歯型を取って、マウスピースをつくります。そのマウスピースに専用の薬剤を塗って白くするというものです。オフィスホワイトニングよりも費用はかかりますが、通院する時間がない人には有効的なホワイトニング方法です。

 

歯石除去

歯石が多い人に有効なホワイトニングです。歯の黄ばみが主に歯石である場合は、歯医者さんに言って取ってもらうことをオススメします。歯石が歯にある人は歯周病を併発している可能性が高いです。同時にキレイにすることで、より白い歯にすることができます。磨きの残しが原因なので、定期的に歯医者さんに通ってブラッシング指導や、ブラッシングをしてもらうことをオススメします。

 

歯の黄ばみを改善する方法〜自宅でできる治療〜

研磨剤が入っていない歯磨き粉を使用する

自宅でのセルフケアで最も有効的な方法の1つです。まずは普段使用している歯磨き粉を見直しましょう。研磨剤は歯を削るものなので、歯の表面に傷がつきやすいです。黄ばみを余計に加速させてしまいます。
プレミアム6

研磨剤なし&ホワイトニング効果が高い歯磨き粉
プレミアムブラントゥース

研磨剤が入っていないだけでなく、歯のホワイトニングに特化したオーガニック歯磨き粉です。パパインがもつ酵素の力で、歯の表面についた【たんぱく質】を剥がし落とします。虫歯を防ぐ抗菌成分をはじめ、口腔環境を整える成分は全て植物由来でできているこだわり。ホワイトニングのようなワザとらしさがある白ではなく、本来の白さをナチュラルに引き出すタイプの歯磨き粉です。日本だけでなく、海外で5か国でも堂々売り上げ1位を記録する実力♪現在1ヶ月〜1ヶ月半まちの大ヒット商品です。

 

ちゅらトゥース

医薬部外品のちゅらトゥースホワイトニングの実力は歯医者さんも納得するほど!黄ばみや歯石を除去し、歯についた汚れをしっかり落とします。研磨剤だけでなく、発泡剤も入っていない植物由来のホワイトニング系歯磨き粉です。プレミアムトゥースに比べると、配合されている有効成分が非常にシンプルなのが特徴です。

 

歯の黄ばみを改善する方法〜普段の生活でできる予防〜

食生活を見直す

黄ばみの原因1つである着色汚れを防ぐためです。

 

  • カレー
  • ミートソーススパゲッティ
  • チョコレート
  • ベリー系の果物
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 赤ワイン
  • ウーロン茶
  • ジュース
  • しょうゆ
  • ソース

 

といった食べ物は非常に歯に色が付着しやすいです。習慣として毎日摂取する人は頻度を減らす所からスタートしましょう。

 

食事をしたあとは歯磨きする

着色汚れのつきやすい食べ物を摂取したあとは、必ず歯を磨きましょう。外出先で難しい場合は、口をゆすぐことや、ガムを噛んで口の中の唾液分泌量を増やす方法でも効果的です。

 

正しい歯磨きをする

歯磨きのしすぎは、黄ばみの原因になります。ただ磨けば良いというわけではないので正しいブラッシングをすることがポイントです。

 

歯の黄ばみを防げる正しい歯磨きの方法

 

  1. まずは口を水でゆすぐ
  2. 歯磨き粉をつける。量は大体グリンピースぐらいを目安に
  3. ペンを持つように歯ブラシを持って磨く
    • 歯と歯の間や歯と歯肉の境目は、歯ブラシの角度を45度にする
    • 前歯は、歯ブラシをタテにして磨く
    • 黄ばみが気になるところは特に小刻みに磨く
  4. 口をよくすすぐ

 

まとめ
  • 歯の黄ばみの原因は主に着色汚れや、生活習慣・加齢によるものだった
  • 特にポリフェノールが含むものは着色しやすい
  • 歯の黄ばみは歯を磨きすぎても起こりやすい
  • 歯を白くする方法はホワイトニング・歯磨き粉見直し・生活習慣見直しが必要
  • 歯磨き粉は【研磨剤が入っていないものを選ぶ
  • ホワイトニング効果があって研磨剤が入っていないオススメはプレミアムブラントゥースとちゅらトゥース

 

生活習慣の見直しや、普段のセルフケアでも気を付けていけば十分白い歯にすることは可能です。一番効果的なのは歯磨き粉の見直しです。毎日のことなので、自分のスタイルに合ったケアができると良いですね♪